So-net無料ブログ作成

ひざの関節痛は他の不調も引き起こす [関節痛]

膝にいたみを感じて歩行の先に足に気を使いバランスの悪い歩き方をしていると、腰痛になる場合があります。ひざの関節痛は、足の関節に水が溜ってしまったり、骨同士が擦れてぶつかる事から感じます。

歩行時や立ち上がる動作・座る動作・階段の上り下りで、ひざの関節痛を強く感じるのは関節のクッションの役割が果たせていないからです。その為に、足を庇おうとして無理な体勢や偏った重心での動きになってしまい、ひざの関節痛以外でも身体の各所の関節がトラブルを生じやすくなります。

また、ひざの関節痛を感じる前に腰痛がひどい方も同じで、腰を庇おうとする生活習慣では後に足に負担が掛かる事になります。関節等にトラブルが生じた場合はすぐに専門の病院や整骨院等に診察をしに行く事が大切です。

在では、膝にいたみを生じている場合、薬療法の他にもマッサージや針・お灸・サプリメントでの対処法もあります。特に、トラック仕事や車の運転を中心にしている方には薬療法は難しくなるでしょうが、ひざの関節痛を我慢する事は出来ない事ですし我慢をしては良くないので、針治療やお灸・マッサージ療法を受ける事をお勧めします。
ひざの関節痛で診察を受ける場合は、自分の生活環境の事も専門医に伝えると良いです。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。